2019年12月3日 事業は運命!?ストーリー重視ネットショップ事業を進めます

事業は運命!?ストーリー重視ネットショップ事業を進めます


先日、とある専門的なシステム構築の社長さんと腹をわった話をする機会がありました。

経営をしていればわかる事だが、事業の方向性を決めるのは社長自身。
制約なんて、何にもない。
それならば、選んで進める事業は運命そのものとも言える、と。

たくさん失敗した。選択肢はなかった。失敗から学んだ。
失敗をどうのりこえるかは、やってみればわかるし、やらなければいつまでもわからない。

私は初めて経営をしている人の思いを聞いた気がして、茫然としてしまいました。
そうだったの?運命?

自分はストレスからの回避策、安全策ばかり選んでいたような・・・

それから数日経ち、自分のやり方で、事業を、運命を見つけてみたいという気持ちになりました。
失敗と、乗り越える経験を積んでいきたい。少し勇気出てきました。

 

私が事業として取り組みたいのは

購入者のストーリー重視の買い物ができるネットショップ

です。

自分が買い物するときは、
「ネット上で一番安く買うぞ~」
「オーバースペックな買い物はしないぞ~」
「出来るだけ今持っている物と機能が被る買い物はしないぞ~」
というストーリーがあります。

でも、そんなストーリー、お店に聞いてもらった経験はほとんどないです。
基本買う側が、これ買って、これ買って、って提示しているだけですよね。
どうしてもっと、買う側と売る側が話し合うことができないんでしょうか。

いろいろな立場で買い物をする方々がいます。
「来週には大事な仕事が控えてる。今日明日で新しいパソコンを入手してセットアップだ!」
「細かいことはいいから、とりあえずこれだけできればいいんだ。」
「いろいろなブルーレイをガチでいろいろ見たいんだ。」
「子供にプログラミングを学んで欲しい」

買い物だけじゃなく、ノウハウや、進める力が必要な人もいます。
「道具は揃った。さて、どうやってスタートするかな。」
「ネット経由で集客、受注をしたいな。」
「ネットで人と繋がりたい。どうやって広げたらいいんだろう。」
「やることはわかってるけど、めんどくさくて。。」

こういった一人一人の「ストーリー」を理解して、必要なモノが買えて、サービスが受けられて、どう進んでいけば良いかわかる。
そんな、便利で、身近で、頼りがいのある、お店を実現する、という事業です。

12月は新しい商品を増やしますので、私が知っている人のストーリーにマッチするように商品やサービスを提供できように体制整えていきます。

 

今月もよろしくお願いします♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です