2020年4月16日 給付金はとりあえずこれを目指しましょう

給付金はとりあえずこれを目指しましょう

身体は外に出ないことでリスクは減らせるけど、お金の面では何かしないとじわじわと弱ってしまいますよね。
日々、生きる方法を探して、経済的サバイバルですね。

事業の持続の為の「給付金」は、支給対象や審査の難易度などを考えるとまずは経済産業省の
「持続化給付金」

Youtubeで分かりやすかった説明はこちら

まずはこの給付金の申請を目指して準備をしていこうと思います。

提出書類は大きく2つ。
①2019年の確定申告書。
②2019年と2020年の月別残高試算表など
「前年同月に比較して何%売り上げが減少したか」を示す帳簿

満額の給付を受けるためには最も収入の減少した「月」を示す必要があるので、繁忙期が4月以降という場合は、書類をそろえつつ、最も売上減少する月の数字が出揃うまで、申請を待ったほうが良いかも。
予算が切れかけると、給付がされにくくなるかも、なので、最大の減収月の前でも、満額給付(個人事業100万円 法人200万円)を獲得出来そうであれば、さっさと申請したほうがいいでしょう。

なお、詳細の正式発表は4月最終週に出すということなので、2020年の帳簿を作りつつ、発表を待ちましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。