2019年9月21日 人それぞれの睡眠時間 クロノタイプ

人それぞれの睡眠時間 クロノタイプ


こんにちは、Deoです。
20時だけど、こんにちは、なのには訳があります。

僕は、長年頭痛持ちだったのですが、いろいろな経緯を経て、頭痛を克服しつつあります。

頭痛の原因で最も多いのは「睡眠不足」というところまではわかってきたのですが、夜早めに寝ようと思っても眠れない、翌朝早く起きると頭痛、ということの繰り返しで、いまいちうまくいっていなかったのです。

夜早く眠れないのはずっと何十年も続いているのでなにか理由があるのではないかと考え、いろいろと調べました。

結果、見つけたのは「クロノタイプ」という考え方です。
人間の睡眠時間のタイプには大きく4種類のタイプがある、という研究です。

人口の多い順にあげていきますと、

クマ型 人口の50% 朝に強く、昼には眠くなる、午後はぼんやり、夜は23時には寝ている。

オオカミ型 人口の15-20% 夜に強い、仕事が出来るのは17時-24時、睡眠時間は7時間。

ライオン型 人口の11% 朝昼に強く、昼が最も集中力があり、午後はぼんやり。夜は22時には寝ている。

イルカ型  人口の10% 夜に強いが朝昼も起きることは可能。仕事は15時-21時。睡眠時間は6時間と短い。

これで行くと自分は、イルカ型だったのです。

山が大きいところほど多くの人が眠っていることを示します。
多くの人と、激しくズレてますね・・・

完全な夜型ではなかったので判別が難しかったですが、朝昼を睡眠に充てると、15-21時の集中力が高まる実感があります。

現状で1週間、AM3時に就寝、起床は昼11時という生活を続けていますが、集中力が高まり、新しいことを実行する、ということも毎日出来ています。
自分の起きている時間に眠気が無く、頭が冴えているのが嬉しいです。
血液型占いなどに比べると、数値や時刻で答えが出るのがしっくりくるんですよね、クロノタイプ。

日光を浴びる時間が少ないので、骨やビタミン・ミネラルの吸収を考えないといけません。

今後は15時-21時をコアタイムにして、生活を良くしていきたいと思います。

また、クロノタイプがイルカ型の方がどのような生活をされているのか、どんなお仕事をされているのかとても興味が湧きました。

イルカタイプのためのコミュニティを探して、交流していきたいと思います。
無ければ、作っちゃおうと思います♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です