2019年8月23日 迷惑営業電話撲滅システムを作るしかない件 システム構想

迷惑営業電話撲滅システムを作るしかない件 システム構想

システムの構想

偶然ですが、僕はかつてコールセンターのシステム設定をするエンジニアでした。
なので、電話の自動応答の設定とかはやったことがあるので、どういう順番でアナウンス鳴らすか、という仕組みの知識はあります。
問題は、最近の機器や、Linuxは全然気にしていなかったので一歩づつググる感じです。
少しやってみた感じでは、日本語でやり方をわかりやすく説明してくれているブログがたくさん見つかり、昔より、自分の言葉で検索して答えが見つかりやすくなったな~という印象です。

さて、システムの構想なのですが。

ハードウェア:古いノートパソコン。VPNを張ったり、設定を外部から柔軟に変更できるようにするため、サーバとしてはタブレット、スマホは除外。
OS:CentOS 6.10 32bit。古いノートパソコンのCPUだと、64bitOSが使えないことがあるんですって。
電話関連処理アプリケーション:Asterisk。バージョンどれが良いかは調べ中。

実現したい動作:
①ひかり電話ゲートウェイに内線子機としてAsteriskを登録
②全通話録音→メール転送(もしくは録音再生WEBの更新通知)
③ブラックリスト、ホワイトリスト作成画面
④ブラックリストによる、着信フロー変更
⑤ホワイトリストによる通常着信

できたら良いな、と思っている機能
⑥Line通話や、Slack通話を使って、データ専用SIMのスマホで発着信。
⑦blue-toothでスマホを外線トランクに設定。着信、発信でAsteriskから使う。
⑧固定電話に着信した電話を携帯電話の家族間無料通話を使って転送。

 

システム開発の工程

全工程、自分一人でやるんですけどね~。。

  1. ハード準備動作確認 済 2019/8/23
  2. OSインストール   済 2019/8/23
  3. OS基本設定 リモート設定→2019/08/23 → 済 2019/9/2 xrdpでリモートで見れるようになった!
  4. Asteriskインストール 済 2019/8/27
  5. VPN設定 調べ・実施  1,2日かな 2019/9/2~ VPNクライアント設定をいくつか見つける→動かず
  6. Asterisk設定 試行錯誤  1,2日かな

 

参考

xrdp を用いて Windows から CentOS にリモート デスクトップ接続する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。